« 北の果てを目指して(2) | トップページ | 北の果てを目指して(4) »

2002/05/02

北の果てを目指して(3)

天気は快晴。 強烈な朝日で目覚めるが、ちょっと時間が早かったので 二度寝をし、 7:45起床。

今日のルートを地図で確認する。 東北道の駅スタンプラリーのため 手に入れた 東北の地図が結構重宝する。  陸奥湾沿いをとおり、道の駅「わきのさわ」「かわうち湖」に寄り道し 再びR338を通って 大間崎を目指すことにした。 今日も天気がいい。  途中 大湊線下北駅に立ち寄る。 なんでも本州最北端の駅とか聞いていたので、 何かあるかな……?と思ったが 見つからなかったので すぐに走り始める。 むつ市を抜け 海岸沿いを走る。 風が冷たいが気持ちがいい。道の駅「わきのさわ」で ブランチと考えたが、 ちょっと早かったせいか、食堂も開いてないし、 特産物も食事になるようなモノがなかったので、 次の駅「かわうち湖」でとることにする。 今回非常食の類をまったくつんでいないのでf^^; これでだめだったら 大間崎まで 飯抜きか~。 幸い 「かわうち湖」で食事にありつけた。 蕎麦だが 結構おいしい。道の駅の食堂は あたりが多いのが嬉しい。

食後一路大間崎を目指す。 昨日のように 夕方に着くと帰りが怖い。 途中佐井に抜ける山道で 猛烈に眠気を感じる。一度停車して 休憩。 その目の前には「熊注意の」看板が……… まぁ出てもおかしくないなぁ……とぼんやりと考えながらギアを入れる。
Honsyusaihokutan  そんなこんなで、 大間崎に到着。 駐車場にフリーのテントスペースがあるようだ。  車を止め、 再び霞む北海道を見る。  ここからフェリーで北海道入りできるのかぁ……f^^; 初めて知ったこの事実ゞ(^^;

本州最北端の碑で写真をとった後、 かもめ食堂で足を止める。ツーリングマップルで大間崎丼が紹介されていたんで どうしようか悩む。 結局注文したが、 やはり昼食の後、 インターバルがないんで ちょっときつい。  ここまで来た証明にと、 ナビ画面を写して、 これからどうするか悩む。ちょっと疲れが出ているようだ。 奥薬研温泉と昨日は考えていたが、 足が痛むので、 峠はやだなぁ…… 結局 大間温泉に直行。客は少ない。 σ(^^)より遅れてきた一行は かもめ食堂でもいた人。同じような考えなのかな?湯船につかり軽く足をマッサージする。  連休前に作った左足の土踏まずにできた豆がつぶれている。 歩くのに支障はないし、このままほっとくしかないだろう……

15:00 大間を出、 R273を使って津軽海峡を見ながら走る。 その後 道の駅「みさわ」「しちのへ」によるが、「しちのへ」では スタンプが押せなかった。 ここで車中泊にするか…… けど、 R4が結構気になるし、どうも危険な気がするので、 予定通り「奥入瀬」でと車を進める。 結局夕食をとり損ねたので、 R102沿いのコンビニで調達。

道の駅「奥入瀬」は 予想以上に大きい駅だった。 かつ、 普段なら1台はいる キャンピングカーの姿もない……どうしようかと、 歩いて 道の駅を散策。  トイレには遠いが 車中泊に適した場所があったので 移動。  ちょっと寒いので ビールはやだなぁ…… すぐそばにある ローソンで 日本酒を調達。 Nifにアクセスした後 寝る。  明日は秋田を一気に抜け 山形へ行く予定だ。 足が悲鳴をあげなければだけど………f^^;

本日の走行距離 326Km。

|

« 北の果てを目指して(2) | トップページ | 北の果てを目指して(4) »

Travel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60574/17172356

この記事へのトラックバック一覧です: 北の果てを目指して(3):

« 北の果てを目指して(2) | トップページ | 北の果てを目指して(4) »