« 北の果てを目指して(1) | トップページ | 北の果てを目指して(3) »

2002/05/01

北の果てを目指して(2)

07:00 起床。 SAでの車中泊は、 ちょっとうるさいのが欠点だが、 朝食の心配が少ないことがうれしい。 サンキュー定食なる ご飯・納豆・たぬきそばのセットを選ぶ。 そういえば 昨日・一昨日・一一昨日は 吉野屋の納豆定食だったような気がする。 まぁ、 日本人なら、 朝は納豆でしょうf^^;

08:00 出発。 天気は曇り…… 但し太陽が見えている。  晴れたらいいな。  と 出発して早々 燃料計が後1メーターなのに気づく。大抵朝置きぬけ後はこのパターンが多いな(__;  08:30 前沢SAで給油。 先は長いが、4日までに帰ってこれればいいからと、 のんびり走る。

そのまま北上すると、 ついに 八戸道との分岐に差し掛かった。 青森方面を選択し、 出てきた県名表示が……「秋田~!」てっきり、 東北道は 秋田は通らないもんだと思ってた私は、 「百聞は一見にしかず」つう ことわざが脳裏をよぎった。  いやぁ、 知ってるつもりで知らないなぁ<東北

津軽SAで休憩。 道すがら見えていた岩木山が青空に映える。 まだ昼前だし、 ちょうど 「東北道の駅スタンプラリー」も始まったことだろう。 ついでに参加しようか…… すでに車載常備品とかしている、 道の駅ハンドブックを見ると、「なみおか」から日本海側に上がったほうが良さそうと 判断。 ナビの立ち寄り地に なみおか・つるえ・十三湖・こどまりをセットする。  GWのせいじゃないと思うが、 売店の娘さんが 若い人が多い。 しかもかわいい子がゞ(^^; そうこうしているうちに、 R339をひた走る。  おりしも快晴。 海の青と空の青がきれいだ。 あの遠くに霞むのは なにかなぁ…… まさか北海道じゃないだろうなぁ……  とまぁ、 間抜けなことを考えつつ、 道は竜泊ラインへ。 久しぶりに峠に 心が燃える。 ちょっと前までCSでやっていた、 イニシャルなんちゃらの 影響じゃないと思うけどf^^; 道も割りといいし、テンションも上がってきたし、 対向車も後続車もいないしとちょっと楽しんでみようかな(^^) (後にこれが多大なる影響を及ぼす(__;)
P5010025途中展望台があったので、 停車。 やはり、あの霞むのは北海道としか思えない。 展望台なら案内があるだろう。 そして、 やはりあの霞む大地は北海道だった。  一気に感激があふれる。 今までお土産話とか本・TVでしか見たことのない北海道が 目の前にある。 はやる気持ちを抑えつつ竜飛岬を目指す。  名前の由来どおり 風が強い。

P5010028道の駅 竜飛岬で 階段国道の場所を確認。 どうやらセットした位置は大体あっているようだ。 教えられた場所を目指し、車を走らせる。  そして、ついに 階段国道と対面。 国道標識は何事もないかのようにひっそりと立っていた。わくわくしながら 階段を下りる。 本のとおりだぁ……

P5010032そうこうしているうちに 階段が唐突に終わる。 そして 目の前には路地が。 一瞬というか、 かなりためらう狭さ。 なんかで読んだ本に路地がどうのこうの という記述があったのを思い出し、 申し訳なく 足を進めると……… やはりそこも国道だった。いろいろ3桁国道を見てきたけど、 これほど非常識ゞ(^^;なのは やはり初めて。  そして、 ついに階段国道の起点?に到達。  振り返ると どう見ても これ、家の表札とか、 R339の起点標識とかいったほうが正しいよなぁ……

降りたからには上がらないと車には戻れない。 まぁ、日ごろ「わ~い 階段(^^)」といって、 エスカレーター・エレベーターを使わない人間なんで 喜んで戻る。 足取りも軽く 登りきる。  う~ん、 散歩にちょうどいい長さだなぁ……と思ったのは日ごろの運動不足のせいか?

せっかくなので、 車も竜飛港に走らせ、 岬を歩いて、 北海道を眺める。  その気になれば 北海道へいけるんだなぁ……と夢の大地が 現実に近づいたような気がする。 おりしも17:00 そろそろ今日の宿地を探そう。 青森を抜けた先に 道の駅浅虫温泉があるし、 そこで風呂に入って 車中泊かなぁ…… そんで、 明日は 下北半島を回って 本州最北端へ行ってみようと 車を走らせる。  青森市内で給油。 う~ん 24時間以内に3回も給油とは 我ながら恐ろしい(^^;

浅虫温泉に近づくにつれ いやな予感がしてきた。 想像以上に開けており、 ここで車中泊をするのは いやだなぁ……と思ったところで、 目の前で 怒鳴り声が聞こえる。 どうやら 福島ナンバーのセダンのお兄ちゃんがドアを開けたら、岡山ナンバーの1BOXのおっちゃんの車に当たったらしい。  ちょっとあたったくらいで あんなに怒らなくても…… と思うが、 実は訛りがひどくて よく分からない。  入浴セットを取り出し 車をでると、 なにか書かされている。そこまでするかなぁ…… と思うが かかわりあいたくないと思ったのは 私の心が狭いせいだろうか……風呂を浴び…… 備え付けの石鹸の類がないのね(^^; まぁそんなに汗もかいてないし 体を拭くだけでよしとしよう。
  車にもどると さっきのおっちゃんの車がまだそこにあった。 セダンは見当たらない。 どうやら おっちゃんはここで車中泊をするようだ。 次の駅を目指そう…… とルートを探っていると、 SGのおじさんに「あ~ でませんよねぇ……」と声をかけられる。この先にコンビニがあったので、 そこで食料を調達しがてら ルートを探ろうと 場所をゆずる。 この先にあるのは 道の駅「よこはま」距離は……… 微妙なところだなぁ…… と車を走らせる。


10mankiro1微妙な距離というのは、 実は走行距離が 99千キロを超え、 もうすぐ100千キロに届こうとしている。 願わくは車も少なくすぐ止められるところで 迎えたいなぁ…… と思いながらR4を走らせる。 左手に陸奥湾 昼間に走りたいところだ。そして、 だんだんとカウントダウンが近づく。 オドメーターが99,999kmを迎える。 対向車と後続車がない。 いいチャンスと前後に加え メータにしきりに目をやりながら ゆっくりと進む。

10mankiropointoそして 20:37 青森県平内町で 100,000kmを達成。 思えば、 92ヶ月 いろいろとあったよなぁ…… というか、 購入当初の家族構成は 今とは全然違ったはずだし、ここまで この車に乗ってるとは思わなかったし、 更に こんなに長距離をやるとは思ってもなかった。 これもあちこちのFDOCのオフに参加して、 距離感が変わったのと 快適な車中泊の術を見つけたからだろう。にやけまくりながら 道の駅 よこはま に到着。 心浮かれるまま FDOCのPatioに報告。 一人祝杯を挙げる。

本日の走行距離 543km。


|

« 北の果てを目指して(1) | トップページ | 北の果てを目指して(3) »

Travel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60574/17172323

この記事へのトラックバック一覧です: 北の果てを目指して(2):

« 北の果てを目指して(1) | トップページ | 北の果てを目指して(3) »