« 冬の北陸(1) | トップページ | 冬の北陸(3)~金沢城跡そして能登半島へ »

2002/12/14

冬の北陸(2) ~兼六園~

P1010019_2朝起きると、 そこは一面の銀世界でした・・・(^^; この辺では一晩でコれだけ積もるのは当たり前なのかしらん(^^;

兎にも角にも 早々に洗顔を済ませ雪下ろし。 ある程度おろしたところで、 除雪作業中の方から 「動かせるんなら動かしてくれ」の一言。 いやぁ ご迷惑をおかけしました・・・・ そういうわけで一息つくまもなく 09:00金沢に向けて出発したのでした。

やはり途中の道中も積雪。 途中路肩除雪中の作業車を追い抜き 一路北陸道へ。 今はいているスタッドレスタイヤ 確か4シーズン目(しかも関東在住なもんで、ほとんど雪道を走っていないという・・・)で ちゃんとグリップするか心配でしたが、 すべりもせず走ってくれました。 (一応装着前に山が残ってるかぐらいは確認してたんですけど(^^;)

北陸道のジャンクション手前から 道路には積雪もなくなり、 快調なドライブ。 以前北陸道を走ったときは きれいに晴れていて 日本海の眺めが素晴らしかったんですけど、 今回はあいにくの曇り。 まぁ景色は金沢に期待しましょ(^^)

そして、ついに金沢入り。 金沢東ICで降り、 一路兼六園へ。 しかし、兼六園の駐車場は立体駐車場が多い=σ(^^)の車は止められない(/_;) 一回りして 100円パーキングを見つけ 停車。 兼六園に向かう(←いかに事前情報を仕入れていなかったかの証明(^^;)

P1010026これまで写真やテレビの画像でしか見ていなかった雪つり。 実際目にするのとは感動が全然違いました。 幸運にも関東でも降った雪は金沢でもあったらしく、 この時期に積もるのは珍しいとの事。 何かいいことがありそう。 それにしても、 兼六園の雪つりは見事でした。 この結びは芸術的といえるほど見事に調和していました。 やはり百聞は一見にしかず(^^)

その後 金沢駅へと向かう。 せっかく北陸に来たのだから おいしいお酒を呑みながら食事をしたい→車中泊だと無理→今日は宿を取ろう! てな事で、 駅なら観光案内所があるだろうという 非常に短絡的な考え(^^; 駅前の駐車場に車を置き、 まずは腹ごしらえ。 おいしい魚=鮨てなことで、 駅ビルの寿司屋で昼食。 せっかくだからというか 後輩の「蟹~蟹~」で洗脳されたか 蟹が入っているセットを頼む。 流石にうまい。 おいしい。 お酒がほしい(゚゚ )☆○o(--;オイ 板さんとの会話で いいホテルと観光案内を教えられ、そのホテルに向かうが、 σ(^^)の車だと 契約駐車場になるらしい・・・ 昨日の経験があるので、屋根つきがいいなぁ……と観光案内所へ向かう。 そこで、値段と駐車場の高さのみで条件を出し、 JALのホテルの予約を入れてもらい、 早速チェックインに向かう・・・ (ここで入り口をなかなか見つけられなかったのはいつもの事(^^;) エントランスで荷物をおろし、 ホテルマンと駐車場でちょっとした会話。
ホテルマン: じゃぁ、地下駐車場へ車を移動してもらえますか?
σ(^^):(屋根を指して) 高さは大丈夫?
ホテルマン: (ルーフボックスは大丈夫ですけど)アンテナがあたるかも・・・
σ(^^): じゃぁ、アンテナをおろしますね(と電動機台のスイッチを入れる)
ホテルマン:うわぁ、自動で降りるんですねぇ\(◎o◎)/!
とのやり取りの後、地下駐車場へ向かう。 高さ制限 2.5mの表示・・・・・ 実はこの制限経験がない(^^; 徐行しつつむかうと、 駐車場の方が「大丈夫 こんなに(と手で幅をつくる)開いてるよ~」とのことで、駐車。 チェックインしてホテルに入る
Jalkanazawaチェックインカウンターで シングル料金でツインの部屋との説明を受ける。 その後ホテルマンが荷物を持って部屋に案内されるが、 普段こういうのを受けたことがないので、 本心は「自分でいくよ~(/_;)」と泣きが入った貧乏性(^^; で案内された部屋はこれまで泊ったことが無いような 素敵な部屋でした。 部屋にはミニバーがあり、「もしかしてこれサービス(^^)」と全部持って帰ろう(^^;と思うが、 有料サービスなんで無視(^^; お茶をいただくが、 本当に水がおいしい(^^) デジカメと携帯電話の充電をし、 シャワーを浴び ガイドブックを見ながら これからどう動くか考える。 やはり後輩の「蟹~蟹~!蟹~!!」が脳裏から離れず、大近町市場にいけば何かしらあるだろうゞ(^^;と地図を眺める。 これなら歩いていける距離だなぁ……と 携帯の充電が終わるのを待つ。

このまましてると一寝入りそうなので、 ちょっと夕食には早いが歩き出す。 おりしも雪。 しかし関東の雪とは違ってしまっているので、全然気にならない。 途中本屋があったので 物色すると 最近気になりだした 丹沢恵の漫画があったので購入し、 ぶらぶらと歩く。

大近町市場で冷やかしながら 食事どころを探す。 回転寿司屋で蟹汁があったので、ここにしようかなぁ……とも思ったが、 二食つづけてはちょっと遠慮したかったので、 刺身屋にはいり、 熱燗と蟹丼を頼む。 うまい。 いやぁきてよかった(^^) 食後もうちょっと日本酒を飲みたかったので 居酒屋で手取川と鯵の刺身・菜の花の天ぷらを頼む。 この鯵、 こっちの回転寿司(^^;で食べるのと全然違って甘くて本当においしい。 お酒もおいしい といい気分になったところで、 一度部屋に戻る。 ガイドブックなぞ眺めながら のんびりとした時間を過ごすが、またちょっとお酒が恋しくなったので、 29階のバーへ。 貸切が終わったようで そのまま残っている客がいて騒がしかったが、 久しぶりにスコッチを飲む。 しかし、本当に水がおいしい。 普段チェイサーは呑まない性質なのだが、 ロック&チェイサーって本当においしいんだなぁ……と感心する。 部屋に戻って いつも見ている番組を見ようとしたが いつの間にか眠ってしまった・・・

|

« 冬の北陸(1) | トップページ | 冬の北陸(3)~金沢城跡そして能登半島へ »

Travel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60574/17173065

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の北陸(2) ~兼六園~:

« 冬の北陸(1) | トップページ | 冬の北陸(3)~金沢城跡そして能登半島へ »