« 2008夏放浪の旅(3) いざ志賀へ | トップページ | 2008夏放浪の旅(5) 急転直下 »

2008/08/12

2008夏放浪の旅(4) 大沼池~四十八池

朝清水公園から大沼池を目指す。 天気が良く眺望も開け気持ち良いコース。

Dscn0433しばらく歩くと 大沼池が見えた。 素敵なコバルトブルーが広がる。 この手は五色沼が一番と思っていたけど、 それ以上。  ここでキャンプができたら最高だろうなぁ。 テントはって焚き火の炎に揺られながらのんびりと・・・ 国立公園内だから無理だろうけど。 それ以上にそういうことをやるとこの景色が壊されるのかな? σ(^^)もそれほど良いマナーじゃないし・・・

景色を堪能した後、四十八池を目指す。 この辺からハイカーとのすれ違いが増えてくる。 大体は子連れ、50代後半くらいの夫婦、 その年代のグループが目立つ。 中にはサンダル履きの若者まで。 こうなるとこの装備はちょいと場違いかしら(^^; まぁ トレッキングのトレーニングもかねていることだし(^^; 気にしないでおこう。
四十八池のスペースで昼食。 湿原地帯もいいねぇ~ 一昨日と違うのは人数が多いこと。
Dscn0441 目の前に見える裏志賀・志賀山なら登っても大丈夫かな? どうしようかな? と悩んでいると、 ツアーのガイドの方が「今度着たときは是非登ってくださいね。 ここから見る大沼池は最高です」と言うのを聞いて、トライ。
裏志賀の傾斜はきつく、 ステッキを買っといて正解。 途中後から来た子連れのファミリーに道を譲りどうにかこうにか山頂へ。志賀山から望む大沼池は登った価値があるものでした。

山頂の祠にお参りし、志賀山へ。 うへ、一度降りてまた登るのか(^^; しかも相変わらず斜度は急。志賀山の山頂で休憩。 ふと思い立って携帯のワンセグを受信してみると、どうも長野と上越の局が受信できるようだ。 まさかとは思ったけど 流石に標高が高いのね。 志賀山をおり、 戻るか前山にいくか悩むが、 水も心持厳しくなってきたので、 前山へ。 リフトで降りるかどうするか悩んだが、 折角だからと登山道を降りることに。 実はこれが選択ミス。最後の斜面で膝が痛み出した。 何とかほたる温泉までついたもののどうしようか悩む。 少し休めば平地だったら歩けそうかな? どうしようか結論が出なかったところに、 一の瀬行きのバスが出るとの事。 迷わず乗り込む。
清水公園に着いたところで、車に戻ると、ここでSTを出しているグループと出会う。 こんなにおおぴらにやっていいもんかいな?と思いつつも、椅子を出し休憩。  するとおっちゃんがやってきて これから長寿の湯へ行くけど一緒にどう?とお誘いを受ける。 車のつくばナンバーを見て気を利かせてくれたらしい。 折角の申し出だけど、この人数でいったら入れないので丁重にお断り。
少し膝が楽になったところで、 長寿の湯へ。 汗を流し、今日の宿地を考える。 傍の笠岳キャンプ場もいいけど、寝るだけ出し、 それなら一の瀬のパノラマ駐車場で星を見るのはどうだろう?? と一の瀬へ。
Dscn0449パノラマ駐車場につくと 丁度日が沈む頃。 あんまり派手にしたくないので、 明るいうちに夕食。 片づけをした後 銀マットを引き 日が沈むのを待つ。

生憎月が明るく星があまり見られなかった。つらつら空を見上げていると ここの住人のH嬢からメールが。B嬢が営業から帰ってきたら遊びに来てくれるらしい。
だんだんとガスが出てきたので、 車に戻り読書の続きへ。 B嬢の帰りが遅いということで、今日は無理かな?と晩酌をしながら再びパルスの世界へ。 だんだんと眠気が出てきたところ、 B嬢が疲れ果ててるのでこちらに来ないとのお誘いが。 引越し直後でお部屋が大変になっていると聞いていたので、 ぜひ見たい!と思ったが、 いい加減酔いが回っていたのでお断り。 うつらうつらしかけたところにいきなり車を叩く音が。
「疲れてる私を呼び出したのはどこのどいつだ」
「私ですm(__)m」
とやり取り後 二人の美女と酒宴へ。 話は上越K氏プレゼンツの郡上徹夜踊りの話になり、 H嬢の休みと重なっているため、しきりにB嬢が勧める。 明日愛知のM氏が志賀に来て、どうも郡上にも行くらしいので、 それに便乗して、 B系のY嬢と合流。 帰りはY嬢の部屋においてあるB嬢のバイクで戻るというプランニング。 今ひとつ乗り気でなさそうなH嬢を置いといて、 Y嬢に連絡を取るB嬢。 郡上がどの辺にあるか今ひとつぴんとこないけど、高山の南あたりのイメージなので、 尻馬に乗って私も勧める。

で、明日は私の誕生日。 それを伝えると日が変わるまで付き合ってくれるとの事。お盆の入りの日つうこともあり、 なかなか当日に家族以外から祝ってもらったことがないけど 2年連続で祝ってもらえるなんて なんかうれしい。 日が変わったところで、 ご帰宅。 この一年あまりいいことがなかった・・・ というかバタバタして終わったので、 今度の一年はいいことがありますように。 とりあえずスタートの幸先は最高(去年もそうだったけど(^^;)


|

« 2008夏放浪の旅(3) いざ志賀へ | トップページ | 2008夏放浪の旅(5) 急転直下 »

Outdoor」カテゴリの記事

Travel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60574/42186532

この記事へのトラックバック一覧です: 2008夏放浪の旅(4) 大沼池~四十八池:

« 2008夏放浪の旅(3) いざ志賀へ | トップページ | 2008夏放浪の旅(5) 急転直下 »