« 2008夏放浪の旅(6) 郡上徹夜踊り(歩き?) | トップページ | 雷雨 »

2008/08/15

2008夏放浪の旅(7) 夢から現実世界へ

11:30に目が覚めたものの、確実に睡眠時間が不足しているので二度寝。 12:30に再び目を覚ますと もうこれは寝てられないな~と起き出す。

ぐったりしている体を無理やり動かし着替えて帰宅の準備。 もう少したったら出発しないといけないので、頭と体を起こしにかかる。 朝食だか昼食だか分からない食事の後、 4人で歓談。 Y嬢はものすごく気の回る方でしかも嫌味にならないという素敵なレディ。 一度志賀の筍オフでお会いしたけど、 改めてそう感じる。
その後K氏の提案で、 明宝温泉へ。 再び私のD:5が活躍する。 まぁ K氏とY嬢は確実に酒気帯びだしね。 けどそういえば K氏と言えば朝プシュだけど、起きてから呑んでないような気が・・・

明宝温泉につかると 頭も体もすっきりしてきた。 本当ならもう少し浸かっていたいけど、のぼせない程度に切り上げる。 もったいないけど冷たいシャワーでほてりをとって 一足先に上がる。 3人を待つ間帰りのルートを考える。当初は松本に抜けてと思ったが、 昨日の安房の混雑(対向車線は渋滞していた)ので、 東名をセレクト。 厚木の渋滞は回避ルートも持ってるし(まぁ同じくらい時間はかかるけど)出だしを遅くすれば何とかなるでしょう。

別荘に戻るとM氏夫妻が食事の用意をしてくれた。 全く私のこと知らないはずなので恐縮。 けど遠慮をしないところがσ(^^;?? このM氏 すごい趣味の方で食後はピアノ・ギターの演奏会。 K氏から私もと言われるが、 ここのところ声が出ないので辞退。 楽しい時間をすごす。

ひと段落したとごろで、 おいとま。 郡上から一気に帰宅。 ナビで検索すると走行距離500km。 予想以上に離れてるけど、 まぁ何とかなるさ。 最近車が多い時間帯の高速は使っていなかったが、 予想以上に神経を使う。 最初の休憩は静岡に入ってからにしたかったけど、 赤塚PAでダウン。 下界の暑さと睡眠不足のダブルパンチ。 一息入れたところで 再び東名を東へ。

東名は比較的すいていて ゆとりが出たせいだろうか?M氏の別荘でどうもスイッチが入ったせいだろうか? だんだんとBGMに対して歌い始める。 ただ今積んでる曲は歌詞が今ひとつで乗れないので、 オーディオのスイッチを切り、 知っている曲でのりのいい曲をアトランダムに選曲。 高校の頃の愛唱歌 戦人(いざ立て戦人よ) Freie Kunst U Boj Sunt Lacirme rerium、Ständchen かわとわ(かわよとわにうつくしく) ごびらっふ ハレルヤコーラスのテナーパート などなど 歌謡曲でなく 合唱曲メイン。 高校の応援歌が忘れていたのがチョッチ悔しい。 ネタがつきると 今度はユーミン。 20代前半までに覚えた曲って、結構歌えるものなのね(^^; 最近覚えた曲は歌詞を見ないときついけど(^^;

足柄SAで休憩。 横浜の渋滞は解消。 燃料が厳しいので、10リットルほど給油して出発。 普段なら横浜町田で降りて 湾岸線をつかうのだが、 首都高もすいているようなので、 C2外回りを選択。 なんか非常に懐かしい。 最後に守谷で小休止。 今晩部屋に入れるものをセカンドシートに持ち込み出発。 2:00に部屋に到着。 24時間前郡上の熱気にいたのが幻のよう。

振り返ると この1週間 遠い夢のように思える。  少なくともこのまとわりつくような湿気はねぇ・・・
明日明後日で体を戻さないと・・・・
なんかもったいないけど・・・

|

« 2008夏放浪の旅(6) 郡上徹夜踊り(歩き?) | トップページ | 雷雨 »

Outdoor」カテゴリの記事

Travel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60574/42187416

この記事へのトラックバック一覧です: 2008夏放浪の旅(7) 夢から現実世界へ:

« 2008夏放浪の旅(6) 郡上徹夜踊り(歩き?) | トップページ | 雷雨 »