« 晩秋癒しの旅(1) | トップページ | 容疑者χの献身 »

2008/10/26

晩秋癒しの旅(2)

昨日の酒宴が効いたのか、 朝寝。 この明るさって事は曇りかなぁ~と思ったら案の定。 P泊地では何にもできないので清水公園へ。

幸い人もいなかったので、 水を汲んだ後ベンチにドラゴンフライを広げ湯を沸かす。 昨晩b嬢から頂いた菜っ葉の炒め物?+冷ご飯にお湯をかけ、 インスタントの味噌汁とコーヒーで朝食。 この炒め物 美味しい。 今度作り方を聞いておこう(^^; 準備中 何組か水汲みに来ていて ちょっと気恥ずかしかった(^^;

で、今日の予定はこのまま大沼池からの風景を撮りに行くことだったが、 空が今一。 青空と蒼い湖面のイメージからかけ離れてしまい、 気が乗らなかった。 横手山まで登れば上手くいけば雲海の上に青空が!と期待して移動。 でも、 まぁそういう状態だったら大沼池の上も青空だよね、 と到着してから納得(^^; ここも昨年の風景が印象的だったので、 なんとなく気が乗らない。

このままこちらの雲が切れるのを期待するか? それとも適当に寄り道しながら帰り始めるか悩む。 そういえば、私の温泉の先駆者R氏が 川原湯温泉がもうすぐダムに沈むから・・・ って言ってたよなぁ~~と 立ち寄り温泉ガイドブックを開く。 六合村のくつろぎの湯もよさそうだなぁ~ と一路草津方面へ。 草津で昼食と思い天狗山駐車場へ向かうが、 なんかイベントをやっているようで満車状態。 そのまま六合村へ向かう。

ナビもセットしていなかったので、 とりあえず道の駅六合へ。 情報を仕入れようと物産館に入るが 見当たらない。 ガイドブックを見ようと車に戻ろうとすると、 そこに立ち寄り湯の幟が。 な~~んだ ここが目的地だったのね(^^; そういえばこの前K爺と立ち寄ったときそんな会話があったようななかったような。 内湯のみだったが 時間も時間のせいか独り占め。 あ~~~あったまる。

湯から上がって 次は川原湯温泉へ。 草津~志賀方面へ行く時この脇をよく通るのだが、 行きは大抵夜。 しかも就寝時間を過ぎているので 落ちる前に着きたいと、 帰りはこれまた翌朝に響かないようにと いつも素通り(^^; 幸い月曜日休みを取ってるし のんびりよってもいいでしょ(^^;。 神社のそばの駐車スペースを確保し、 さぁもう一風呂と思うが、 体は「くつろぎの湯」の効果でぽかぽか(^^; 周りを見渡すと「不動滝 1.0K」の案内が目に入ったので、 機材を担ぎ向かう。

不動滝おそらく萩の小道と呼ばれるルートがあるのだろうが、 ほぼ車道を歩き、 だまされたのかなぁ~?と疑い始めた頃に出てくる案内板。 階段の前でチョッチ悩むが ここまできたら と半分意地になって進む。 階段の途中で老夫婦とすれ違う。「もうすぐですよ、 いい滝ですよ」と声をかけてくれたので、 気を取り直して歩を進める。 山道を登っていくといきなり行き止まり。 顔を上げると目の前に滝が。 ん~~~ これは来た甲斐があったね。写真を撮った後 ぼ~~っと滝を眺める。

来た道を川原湯温泉へ戻る。 途中工事の案内板で 萩の小道が通行止めと知る。 なるほどねぇ~このルートじゃないのもあるんだと納得。 神社におまいりした後、目の前にあった王湯へ。 扉越しに覗くとカウンターに誰もいない。 恐る恐るドアを開けると おばちゃんが出てきた。 入湯料を払い 露天へ。 いい感じの湯加減だけど、 源泉の温度が高いので 水で埋めているとの事。 景色は木々に覆われていて、まぁこれはこれでいいかも。

川原湯温泉を後にし、 お腹も空いてきたので中之条へ。 途中道が混み始める。 そうだよなぁ~この道混むんだよなぁ~ かといっていつもの迂回ルートを使うのも芸がないし・・・ そういえば ガイドブックで四万温泉ってのがあったよなぁ~。 回り道になるんでパスしてきたけど、 今日は時間もあるし、時間つぶしを兼ねて行ってみようか?

四万温泉四万温泉に到着。 外湯は終わっているので、 山口露天風呂へ。 ガイドには旅館の裏手の渓流沿いって書いてあったけど・・・ と思っていたら小さな案内看板が。 旅館の脇をとおると、 それらしい囲いが。 橋を渡ると山口露天風呂が見えてくるが・・・ げ、かなり混んでる。 ここまで来て戻るのも癪なので、脱衣所に向かうが、 どうもおっさんとは違った裸体が。 混浴とは聞いていたけど、 20人近い中に数人女性の姿が(^^;。 どうどうとしていたので、こちらも平静を装って、開いてるスペースへ。 ぬるい。 寒い(^^; 暖かそうなところは既に満杯。 どうやら20人くらいのグループで楽しんでいるようだ。 缶ビールを呑んでる人、 タバコを吸っている人と、ここは切明?? と錯覚ゞ(^^; 流石にバーナーを出している人はいなかったけど。 彼らが出るまで待つかとも思ったが、数人体をキャンバスにしている人がいたりして、 居心地が悪かったので、 早々にあがる。 橋の上から写真をと思ったが、 誤解されるのも嫌なのでそのまま風呂を後へ。 見ると数組引き返していくカップルが。 いい場所だったけど、タイミングがチョッチ悪かったようで、また別の機会にいつものメンバーときたら楽しいかな??

車に戻り、さてどうしよう?? この辺でP泊するには時間が中途半端だしなぁ~ と帰宅をチョイス。 ガソリンにも余裕がありそうなので、 給油の小山ルートではなく、 近いほうの館林ルートで。 前橋を高速で回避し、伊勢崎ICを降りる。 何回か食事をしそびれていたので、 ご飯ものを食べられるところはどこだっけ?と探しながら進む。 時間も19:00に近づき、オーディオをTVに切り替えダッシュをBGMに。 そのまま時間はジャンクスポーツへ。今回面白く、 車を降りたくなかったので、 そのまま走り続ける。 気がつけば自宅までもうすぐ。 21:00を過ぎると店で食事をする気もうせてしまったので、 寄り道せずに帰宅。

欲を言えばもう少し天気が良ければ・・・ とも思ったが、 まぁ満足な二日間でした(^^)

|

« 晩秋癒しの旅(1) | トップページ | 容疑者χの献身 »

Travel」カテゴリの記事

コメント

あっ、さっき書き忘れました。
美味しいお酒ありがとうございました。
樽の香りが最高でしたよ。

あの炒め物のお湯がけ、ほんと美味しいでしょ。

うちの厨房のおじさんが作る料理の中で
一番好きなんです。
(他のものは、かなり怪しいものがある)

お客さんにだしている野沢菜の残った
根元の茎のところを細かくして、
たぶん、ゴマ油と豆板醤で炒めてるんだと
思うよ。

あつあつの白ご飯にも最高にあいます。
みそ生姜もあつあつ白ご飯にあうよ。

投稿: bobu | 2008/10/28 01:16

(^^)/>bobuさん
あ、そうそう野沢菜って言ってましたよね。豆板醤は思い出せたんだけど、菜っ葉が思い出せませんでしたf^^;

武勇の樽酒は気に入ってもらえて何よりです(^^) この銘柄でお気に入りが季節限定のしぼりたて と ひやおろし があるんですよねぇ~~ この前は売り切れでしたけどf^^;

投稿: JIN | 2008/10/28 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60574/42919288

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋癒しの旅(2):

» 2009GW飛騨~信濃の旅(5)河原湯温泉~帰宅 [poco_a_poco]
目が覚めると8:30。 8:00前には出たかったのであわてて出発準備。 途中清水 [続きを読む]

受信: 2009/05/04 23:20

« 晩秋癒しの旅(1) | トップページ | 容疑者χの献身 »