« どうよう | トップページ | 感覚は左/見た目は右 »

2009/06/14

旬のタケノコを食らふ

今年も恒例の根曲がり竹の筍オフ。 どうようは収まらず、 仕事も長引きなんだかんだと出発できたのは20:00過ぎ。夕食、買出しして携帯のないことに気づく。 夕食のラーメン屋に置き忘れたらしい。 気分はどん底。 気が乗らぬまま高速へ。

普段なら、草津辺りの道の駅で車中泊だが、朝早いのでこのまま合流地点の志賀高原へ。 走ったことのない夜の志賀-草津道路。 ふと国道最高点で止まると草津の夜景が見える。 横手山までは探り探りの走行だったが、その後は走りなれた道。 そうだようなぁ~ 横手山の夕焼けを見た後、何回この道を下ったことか。 なんとなく帰った気になる。
翌朝携帯のメールで目が覚める。 行き違いがあったがb嬢と合流。 b嬢の同じ職場の人がポイントを教えてくれるってことで一緒に言ってもらう。 この方、以前あったことのある人で、向こうは覚えていたのだが私はすっかり忘れている。 さすが客商売。
ようやくのことで、本隊と合流。 教えてもらった場所に案内して藪こぎ。 同じポイントに入ったのにくびき野のK氏、新潟のK氏、名古屋のK氏は大漁、私はちょこっと(^^; その後別のポイントに移動。 三氏が収穫に励む中、私はトップを目指すが・・・ 途中で力尽き果てる・・・ う~~ん 更に落ち込むなぁ~~ そんななか、 房総のO氏家族から到着したとのメールが。 近場に来るというのでお誘いしてました。 多分10年ぶりくらいだけど、O氏も奥様も変わりなく、 娘さんがいきなり大きくなってることに時の流れを感じる。
Dsc_0409O氏家族と別れた後、温泉に浸かり今日の宿地のカヤノ平キャンプ場へ。 途中休憩時間を利用してやってきた b嬢とH嬢と合流。 皆から「おめでとう」と言われる。 私の心情を知ってこのように明るく言ってくれることが何となく嬉しい。 しばし歓談した後、b嬢とh嬢が仕事に戻る。 これから収穫した山菜での宴会。 私は全く取れなかったけど、ホント売るほど取れてる(^^; 天ぷらは、根曲がり竹・うど・行者にんにく。 汁物は筍、 ご飯ものも筍と、取れた手の山菜尽くし。 私の持ってきたししゃもは、炭火焼と天ぷら。 意外とこの天ぷらがいける。 ついついお酒もすすみ、 20:00前に就寝。

朝起きると、名古屋のK氏夫妻のみ。 他の二人は用事があるからと早朝に帰宅。 撤収をした後、野沢温泉に行くK氏夫妻と別れ、草津を目指す。 途中清水公園で水を汲み、 渋峠ではお約束のガス。 久方ぶりの西の河原露天風呂と「そばきち」のそばと舞茸の天ぷらを楽しみ帰宅。

いろいろ溜まっていたけど、 旬の山菜と山と、そして仲間の心遣いです~~~っと楽になった二日間でした。

|

« どうよう | トップページ | 感覚は左/見た目は右 »

Outdoor」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
また遊んでくださいね、切明?キノコかな?

投稿: かつ | 2009/06/15 10:25

竹の子取り、楽しんでもらえてよかったです。

ほんとは、夜も合流したかったですけど、
さすがにかやの平は遠かったです。

投稿: bobu | 2009/06/15 22:19

(^^)/>かつさん
キノコ いいですねぇ~~ なんかσ(^^;毒キノコばっかり採りそうな気がするので目利きを是非(^^;

(^^)/>bobuさん
休憩時間の合間の乱入ありがとうございました(^^)
確かにちょっと距離がありますよね(^^; 今度は近場or遠場で夜通し(って確実に途中で落ちるな(^^;)

投稿: JIN | 2009/06/16 22:41

JINさぁ~ん、今晩はぁ~っす!房総のO氏です。

先日は、お誘いありがとうございました。おかげでJINさんを始め、懐かしい方々のご尊顔を拝する事ができました。
また、タイミング会えばお誘い下さいね。
で、我が家は旧奥志賀スーパー林道を十数年ぶりに栄村へと走りました。全部舗装されちゃってるんですね。
途中、ヤマブドウやサルナシやマタタビの絡まる木々を眺めながら、秋にはまた行ってみたいと思っちょります。
その後、小赤沢の温泉に入り、北野天満宮にて子どもの頭がちょっとでも良くなることを祈願した後、宿へと戻りました。

お誘いいただいたお礼方々、ご報告まで。

投稿: あお父 | 2009/06/21 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60574/45341129

この記事へのトラックバック一覧です: 旬のタケノコを食らふ:

« どうよう | トップページ | 感覚は左/見た目は右 »