« 予定変更 | トップページ | 戸隠スノートレッキング »

2010/02/14

奥日光小田代ヶ原スノートレッキング

天気予報では、今日の関東地方はつかの間の晴れ。 戸隠に行けなかったこともあり、日帰りで行ける戦場ヶ原へ向かうことに。 ここのところ朝起きられないことが多かったけど、 珍しく予定時間に眼が覚めた。 ちょっと出たしのんびりしすぎ、 予定より45分遅れの6:45出発。

Akechidaira途中SAで朝食をとり高速をひた走る。 日光宇都宮道路を抜け、いろは坂を駆け上がる。 路面は凍結。 バスの後をとろとろと着いていったが、休憩を兼ね明智平で休憩。 う~~んロープウェイで展望台にあがれるのかぁ~~。 あがろうかとも思ったけど、時間が押してるので、そのまま中禅寺湖を目指す。

Koutoku三本松に車を止め、 光徳まで歩いた後、スノーシューを装着。 天気もよい。 空も蒼い! やっぱり空は1200m以上かな? 一緒に入り口に入ったクロスカントリーのグループを先に行かせるため、のんびり歩き始める。

Izumiyadoike泉門池まで来たところで小休止。 昨年空がかすんでいまいちの写真だったけど今年はどうだろう?? 池には鴨ものんびりと漂っていて、こちらものんびりと・・・ したかったけど、流石にこのコース人が多い。 スノーシュートレッキングのツアーでごった返し。 こちらのグループはここで昼食みたいだけど、 ビールを開けてる人もいる(^^; 見てると羨ましくなってしまうので、 小田代ヶ原を目指すことに。

Odashiroharaトレースは戦場ヶ原を突っ切るコースと小田代ヶ原に向かうコース。 チョッチ悩んだ後小田代ヶ原へ。 ちょっとしたのぼり斜面が続く。 う~~ん アセットにしといてよかった(^^;。 先ほどまで打って変わって人影も殆ど無くこの景色独り占め。 お昼を回ったと言うのに空が霞むことも無く歩き続ける。

小田代ヶ原を抜け、バス停で休憩。 2グループほどラーメンを食べている。 一応ラーメンを背負ってきたけど、三本松で蕎麦の誘惑に勝てず、 携行食のチョコを口に入れる。 少しの間車道を歩くので、スノーシューを外す。 しかし、今日のコンディション。 別にスノーシューはかなくてもいいよね。 しっかり固められてるし(^^;。 再び車道をはずれ、 赤沼を目指す。
Akanuma少しツボ足で歩いたものの、 足をとられるので、再びスノーシューを装着。 この辺になると、クロスカントリースキーを楽しむ人、 スノーシューのパーティー。 ツボ足で歩くバディと人が増え始める。 林の上に見える男体山が段々と大きくなる。 比例してお腹も空いてくる(^^; やっぱりラーメン作って食べるべきだったかなぁ?? と、なんやかんやで赤沼茶屋に到着。 ほぼコースガイド通りの3時間半(だよなぁ(^^;)


フィールドマップ:赤沼の公衆トイレにあり。 昨年は日光湯本ビジターセンターでも見かけた。



Dscn0128三本松を目指して、国道を歩く。 今日風がなくてよかった。 風があったら三本松~赤沼の間地吹雪で怖くてとてもじゃないが歩けないし。 三本松に到着すると、そのまま茶屋に飛び込む。 14:00と時間が遅いことも合ってか、食事の客は私くらい。 店の人が「温まりますよ~」と言って出された唐辛子茶が美味しい。 生憎蕎麦は終わっていたのと、 空腹だったこともあり、 お薦めの煮込みハンバーグ定食を注文。 食べだすと途端にお腹が空いているのに気がつく(^^;。 空腹とダイエットのちょっとしたバトルの結果空腹の勝ち。 ご飯をお代わりして ようやく一息つく。 しかし ほんとにサービス過剰って言うか、 最初出された唐辛子茶、食事前に出された緑茶、 食後にほうじ茶2杯・・・ 一息ついて暇なのかなぁ~。 兎に角美味しかったけど。

雪遊びした後は温泉! ぱらぱらと立ち寄り湯のガイドブックを見て、清滝ICそばにある やしおの湯にすることに。 ここならのんびりしても暗くなってダウンヒルすることないし(^^; つうことで、いろは坂を降りる。 このやしおの湯、日光市の市営で、 市民が300円 市民以外が500円とリーズナブル。 汗をかいていたので、まずは体を洗おうとするが洗い場がいっぱい(;_;) 少し待ち体を洗ったあと ぷ~~~くぷく。。。。 あ~~~~あったまる(^^) 内湯を堪能した後、 空きだした隙を突いて露天へ。 頭は涼しく、 お湯もぬるめであ~~~~とろけるぅぅぅ(^^) 充分堪能した後、 帰路へ。

なんだかんだ言ってやっぱりスノーシューイングって楽しい。 今シーズンもう1~2回くらい行きたいなぁ??


|

« 予定変更 | トップページ | 戸隠スノートレッキング »

Outdoor」カテゴリの記事

Spa」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60574/47568528

この記事へのトラックバック一覧です: 奥日光小田代ヶ原スノートレッキング:

« 予定変更 | トップページ | 戸隠スノートレッキング »