« 奥日光切込湖スノートレッキング | トップページ | 後夜祭 »

2013/02/10

美ヶ原スノートレッキング

この週はうちの会社にしては珍しく三連休。 この日じゃなかったら信州に行くんだけどなぁ~~と臍をかんでいたが、日光のスノートレッキングが思いのほか早く終わった。 後30分で準備できればいつもの週末と一緒ということで、もう一本行くことに。

装備を確認すると手袋がない(;_;) けど、この時間だったらぎりぎりショップが開いてるはず&少し小さいしという言い訳をしつつといつも行く店に行くとちょうど閉店。 モールにあるもう一店に望みをかけると閉店時間30分前。 ちょこちょこと他の買い物をした後、移動用のコーヒーを調達しにスターバックスへ。 正月に仕入れた東北限定のタンブラーに入れてもらう。 意外とお店の娘さんの受けが良かった(^^) 一路車を走らせて横川SAで車中泊。
Dsc_0765朝目が覚めると見事なモルゲンロート。 フードコートでいつものご飯・味噌汁・生卵に焼売で腹を満たす。 中部横断道路を使い美ヶ原を目指す。

美ヶ原に向かう道は除雪しているものの、道路が見えてたり積雪だったり凍ってたりと意外とタフ。 Lockと4WDを切り替えながら頂上を目指す。 山本小屋の駐車場で着替え開始。 車が暖房で温まっているうちにインナーから変える。 ザックにD700 24-120 70-300を詰め込み山本小屋までツボ足で移動。 スノーモービルの音が少しうるさく感じる。 けど、これも楽しそうだよなぁ・・・
山本小屋でスノーシュー装着。 雪上車やスノーモービルの跡だろうか?かなり圧雪されている。 滑り止めがあればツボ足でもいいかも? 美しの塔、塩くれ場をクリア。 王ヶ頭を目指す。 
Dsc_0772王ヶ頭ホテル到着。 ここで一止とハルさんが泊まったのかぁ~~ そしてここから王ヶ鼻を目指したのかぁ~~と感慨に老けながら歩き出す。 が、車用に除雪されほぼお散歩コース。 途中おそらくホテルのツアー帰りの人とすれ違い王ヶ鼻を目指す。

途中王ヶ鼻に行く道を間違え電波塔へ。 iPhoneでGPS DIYを起動していたので確認。 ふとたどると遊歩道の策が見える。 そのまままっすくショートカット。 ふかふかの雪が楽しい。 やっぱりスノーシューはこうでなきゃ。と楽しんでいたらいきなり踏み抜いて倒れてしまった(^^;。 見ると熊笹。 失敗したなぁ~~と気を取り直してコース復帰。
王ヶ鼻到着。 ザックを下ろしスノーシューを外しツイートしようとフロントバックを見るとiPhoneがない。 一気に青ざめる。 先に到着していた方に話しかけられるが上の空。 2枚ほど写真を撮った後そこそこに来た道を戻る。 最後にiPhoneを出したところからここまでは総距離はない。 思い当たるのは転んだ場所。 雪を掘ってみるが出てこない。 出したところで落としたか?と戻るが見当たらない。 ということは転んだ場所しかない。 これで見つからなかったら予定変更で手続きか??と焦る。 現場到着。今度は冷静にトレースをもとに同じ場所に膝をつき、胸をついたところから静かに雪を掘る。 下まで落ちてると見つからないか?? と目端に黒いものが。 ゆっくり拾い上げるとiPhone。 ホームボタンを押し起動を確認。 あ~~~~よかった(T^T)
Dsc_0775気を取り直し、今度はiPhoneと一緒に王ヶ鼻へ。 今度はゆっくりと「神様のカルテ2」のプロローグの一節を思い出す。 が雲にかかっているのが残念。

Dsc_1520筑摩野を見下ろす石仏に別れを告げ来た道を戻る。 けど、想像していたより気軽なコース。 景色を楽しみながら王ヶ頭の最後の登り。
Dsc_1521 王ヶ頭ホテルで景色を堪能していると、女性の方が「あれ、富士山かしら?との声。目を凝らすとかすかに富士の姿が。 どこから見ても美しい。 帰りの山本小屋までの道のりも途中富士を愛でながら歩みを進める。

山本小屋着。 日が高いうちに山を下りたかったので、早々と車を走らせる。 この前来た道の駅マルメロながとで昼食と温泉。 ちょっち筋肉痛の身にお湯が優しい。 あ~~~楽しかった(^^)

|

« 奥日光切込湖スノートレッキング | トップページ | 後夜祭 »

Outdoor」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60574/56745944

この記事へのトラックバック一覧です: 美ヶ原スノートレッキング:

« 奥日光切込湖スノートレッキング | トップページ | 後夜祭 »